新着中古車情報
    すべて見る

    TEL : 086-486-0398

    営業時間 10:00〜19:00 / 火曜店休日

    来店予約・お問い合わせ

    軽自動車のガソリンランプが点滅!あと何キロ走行できるか詳しく説明します! 2024.02.16

    こんにちは^ ^

    岡山県倉敷市で軽自動車の販売・買取をしている軽モールの広報です(⁎˃ᴗ˂⁎)

    突然ですが、軽自動車を運転している時にガソリンランプが点滅すると

    「このままガソリンスタンドに間に合うかな?」

    「もしガス欠したらどうしよう…」

    ととても心配になりますよね(~_~;)



    日頃から通勤などでよく通る道であれば、ガソリンスタンドの場所も頭に入っているので万が一の際でも安心ですが、慣れない場所や高速道路を走っている時に、給油ランプが点灯し「あの時、給油しておけばよかった!」と焦る経験を一度はされたことがあるのではないでしょうか?

    この記事では、そういった状況を想定して、ガソリンランプに焦らず対処するためのポイントをお伝えします^0^

    「ガソリンランプが点滅するタイミングって?」

    「燃料を少しでも長持ちさせるコツ」

    「もしガス欠になっちゃったらどうする?」

    など、この記事を読めば、もし走行中にガソリンランプが点滅しても、冷静に対応できるようになります!

    もちろん車のことがそんなに詳しくなくてもわかりやすく解説するのでご安心ください^^

    正しい知識を身につけて、安全で楽しいドライビングライフを送りましょう〜!

    目次


    ・軽自動車のガソリンランプはいつ点滅するの?

    ・軽自動車のガソリンランプはいつ点滅するの?

    ・ガソリンランプが点滅してからも走行できるの?

    ・今日からできる軽自動車の燃料を良くする5つの方法!

    ・まとめ

    軽自動車のガソリンランプはいつ点滅するの?

    ガソリンランプは、別名「燃料残量警告灯」や「給油ランプ」とも呼ばれますが、この小さな灯りはとても大切な役割を持っています。軽自動車のガソリンが少なくなってきた時、つまり「そろそろ給油した方がいいよ」とドライバーに教えてくれるのがガソリンランプです。

    このランプが光るタイミングは、車によって少し違い、だいたいの目安としては、普通の乗用車でガソリンが10リットル以下、軽自動車で5リットル以下になると点灯します。

    ちなみに、乗用車のガソリンタンクは平均で40リットル、軽自動車は30リットルが一般的です。

    これを基にすると、ガソリンタンクの残量が約20~25%になったらランプが光ると考えると良いでしょう。ただし、車によって異なるので、自分の車の取扱説明書で正確な情報を確認することが大切です。

    つまり、ガソリンランプが点灯したら、それは「給油のタイミングだよ」という車からの優しいサイン。忙しい日常の中でも、このサインを見逃さずに、安全なドライビングを心がけましょう。

    ガソリンランプが点滅してからも走行できるの?

    ガソリンランプが点灯した際に最も気になるのは「あとどれくらい走れるのか?」ということです。

    一般的には、ガソリンランプがついた後、約50km程度走行できると言われています。ですが、実際には、どんな自動車に乗っているかによって、この数字は大きく変わってきます。

    また、同じ車種でも、ハイブリッド車かガソリン車かによっても、燃費性能が異なるため、残りの走行距離に差が出ます


    例えば、軽自動車を使っている場合を考えてみましょう。

    ガソリンランプが点灯するということは、タンク内のガソリンが残り5リットルになったということなので、もしその軽自動車の燃費が15.0km/Lだった場合、単純計算で約75kmまで走れることになります。


    しかし、注意が必要なのが、この「約75km」というのはあくまで目安です。

    走る環境によって燃費は変わりますから、実際にはもっと短い距離でガス欠になることも、逆にもう少し長く走れることもあります。例えば、市街地での停止と発進が多い場合は燃費が悪くなりがちですし、長い下り坂では燃費が向上することもあります。

    ガソリンランプが点灯したら、それは「できるだけ早く給油してほしい」という車からのメッセージです。このサインを見たら、可能な限り早めに最寄りのガソリンスタンドを探して給油するようにしましょう。

    また、ガソリンランプが点灯している状態で長距離を走ることは避け、安全を最優先に考えて行動することが大切です。

    このように、ガソリンランプの点灯は、給油のタイミングを知らせる重要なサインです。ランプが点灯しても慌てず、落ち着いて最寄りのガソリンスタンドを目指しましょう。

    また、日頃から車の燃費に注意を払い、不意のガス欠に備えておくことも、安心してドライブを楽しむためのポイントです^^

    今日からできる軽自動車の燃料を良くする5つの方法!

    軽自動車に限らず、車を運転する際、ガソリンの消費を少しでも抑えたいと思うのは普通です。

    特に軽自動車ではエンジンの大きさが限られているので運転次第で、燃料効率を大きく上げることができます。

    ここからは、燃費を改善し、ガソリンの消費を抑える5つの簡単な方法を紹介します。これらのコツを実践することで、結果的にガソリンランプが点灯するのを遅らせることができます^0^

    発進時はアクセルをゆっくり踏み込む

    軽自動車を運転する際、発進時にアクセルを急に踏み込むと、エンジンが急回転し、不必要にガソリンを多く消費してしまいます。

    そうならない為にも、アクセルをゆっくりと踏み込むことで、エンジンをスムーズに加速させ、燃料効率を良くすることができます。


    急加速を避ける

    車を速く走らせたいときも、急激にスピードを上げるのではなく、徐々に加速することがポイントです。発進時と同様で、急加速はエンジンに負担をかけ、ガソリンの消費を増やしてしまいます。


    減速時はエンジンブレーキを活用する

    軽自動車では、速度を落とすときにエンジンブレーキを活用すると、フットブレーキに頼るよりも燃料を節約できます。

    これは、エンジンブレーキを使うときに燃料供給がカットされるためです。運転中は先の状況をしっかりと確認し、減速時にはエンジンブレーキを使うようにしましょう。


    停止時はエンジンを切る(アイドリングストップ)

    信号待ちや長い停止時間では、エンジンを切っておくと燃料を節約できます。

    現代の軽自動車にはアイドリングストップ機能がついているものも多く、自動でエンジンが停止し、再始動することでガソリンの無駄遣いを防ぎます。


    エアコンの使用を控える

    エアコンを使うとエンジン負荷が上がり、燃料消費が増加します。

    特に温暖な春や秋には、可能な限りエアコンの使用を控え、窓を開けて自然の風を利用することで、快適な車内環境を保ちつつ燃費を改善できます。


    以上の5つが今日からできる軽自動車の燃料を良くする方法です^^

    これらの方法を意識することで、軽自動車の燃費を向上させ、ガソリンランプの点灯までの距離を延ばすことができます。燃料を節約し、経済的なカーライフを送りましょう!!!

    万が一軽自動車がガス欠になったら?

    どんなに注意深く運転していても、予期せぬ状況でガス欠になってしまう可能性はゼロではありません。

    長い旅行中や見慣れない場所でのドライブ、あるいは単純にガソリンスタンドの位置を見落としてしまった場合など、様々な理由でガス欠になるリスクは常にあります。


    ここでは、万が一軽自動車でガス欠になってしまった時に取るべき対処法を分かりやすく解説します。


    安全な場所に軽自動車を停める

    ガソリンが尽きてしまい車が止まってしまった場合、まずは軽自動車を安全な場所に移動させることが最優先です。車線の端や安全地帯への移動を試み、ハザードランプを点灯させて、他のドライバーに自動車が停止していることを知らせましょう。


    JAFなどのロードサービスを呼ぶ

    自動車保険やクレジットカードに付帯しているロードサービスを利用することができます。ガソリンランプが点灯してからも間に合わなかった場合、保険証やカードに記載されている連絡先に電話して、軽自動車のガス欠を伝え、救援を要請しましょう。


    最寄りのガソリンスタンドを探す

    自力で対処する場合は、スマートフォンやナビゲーションシステムを使用して、最も近いガソリンスタンドを探し、給油してもらいましょう。

    軽自動車を放置して歩いて行く場合は、安全を第一に考え、反射材などの目立つ服装を心がけ、軽自動車の位置を確認しておくことが大切です。

    まとめ

    ガス欠は誰にでも起こり得る状況ですが、事前に適切な知識を持っておけば、もしもの時に冷静に対応することができます。

    また、軽自動車の場合、日頃からガソリンの残量には注意を払い、未知の場所へ長距離運転をする際は、事前にルート上のガソリンスタンドの位置をチェックしておくと良いでしょう。

    最後に!

    岡山、倉敷で現在軽自動車をお探しの方!!!

    是非とも倉敷の軽モールにご相談ください〜^^


    軽モールは岡山県倉敷市にある自動車屋です!「イイ車!イイ条件!イイ価格!」をモットーに39.8万円の中古軽自動車を中心に販売しています!!!

    といってもあまり分からないと思いますので簡単に3つの特徴で軽モールをご紹介します!


    軽モールの評価が高い理由1
    イイ車!

    「イイ車」とは修復歴なし!高年式!低走行!の軽四ばかりを200台以上集めました!岡山県下 トップクラスの軽自動車在庫数と質の良さでお探しの軽自動車に出会えます!


    軽モールの評価が高い理由2
    イイ条件!

    「イイ条件」とは中古軽自動車であっても「おクルマ安心1年保証」があり1年間しっかりと保証がついているので安心してお乗りいただけます!

    さらに!

    オイル交換が「ずっと特別価格!!」1・6・18か月の「愛車無料点検」が全て無料となっています!
    買ってお得!乗ってからもお得!なイイ条件となっています!


    軽モールの評価が高い理由3
    イイ価格!

    「イイ価格」とは軽モールが販売を行なっている中古軽自動車の価格は39.8万円が中心となっています。
    もちろん、それ以下の価格帯19.8万円〜もご用意しています!

    またローンでのご購入も可能で、頭金0円 ボーナス払い0円も問題ありません!



    【軽モールのホームページ】

    ↓画像をクリックでホームページに飛べます↓



    【軽モール200台以上の在庫車】

    画像をクリックで200台以上の中古車が見れます↓



    軽モール

    岡山県倉敷市林160-1

    086-486-0398


    最新のニュース

    軽自動車のエンジンオイルでおすすめは?安いオイルでも問題ないの?

    こんにちは^ ^! 岡山県倉敷市で軽自動車の販売・買取をしている軽モールの広報です(⁎˃ᴗ˂⁎) 今回のお話は軽自動車のオイル交換についてです^^ エンジンオイル交換は自動車を持たれている方が最も行うメンテナンスの一つで

    軽モールの営業スタッフをまとめて紹介します!

    こんにちは^ ^! 岡山県倉敷市で軽自動車の販売・買取をしている軽モールの広報です(⁎˃ᴗ˂⁎) 今回は軽モールにはどの様な営業スタッフがいるの?と疑問やご不安になられている方も多くおられると思いますので、軽モールの営業

    岡山や倉敷でファミリー向けの自動車は軽自動車がお勧め!その理由を紹介!

    こんにちは^ ^! 岡山県倉敷市で軽自動車の販売・買取をしている軽モールの広報です(⁎˃ᴗ˂⁎) 今回は、現在岡山や倉敷で自動車のご購入を考えている小さなお子さんがおられるファミリーの方に対して軽自動車がお勧めな理由をご

    ニュース一覧に戻る
    PAGE TOP